コラボレーション [対談 : 佐藤洋平 × 竹下景子]


絶滅危惧種は人間!?

竹下 : ・・・そうなんですね。まず、実際に何が起こっているかを知るってことが大事だと思うんです。今年のお正月に、家族で新潟県の十日町市松代町へ行ってきました。そこで、国際的な現代アート展「大地の芸術祭」)を開いていらっしゃる北川フラムさん(アーティスト兼プロデューサー)に御案内いただいたんですが、松代でいろんなことを知りました。そのあたり一帯は米どころで、信濃川流域の河岸段丘が美しい棚田になっています。雪がたくさん降るのに川がやせていたんですね。何故かと訊いたら、上流にダムがあって、その電力で山手線が動いているって。・・・驚きました。ああ、私たち都会の暮らしはこういう地方の山や川に支えられて成り立っているんだって。お米だって、東京の人間が魚沼産コシヒカリをいちばん食べているんです。その一方で、松代に住んでいらっしゃる人たちは「ここの絶滅危惧種は人間です」って(笑)。


佐藤 : ほんとに笑い事じゃありませんね。農村から人間が消えてしまったら、そのしっぺ返しは都会にやってきますから。


竹下 :ええ、だから私も松代の「棚田バンク」に一口参加しました。その地域は休耕田が多くて、棚田を維持するために里親を募集してやっている制度なんですが、田植えや草刈りに参加してもいいし、収穫したお米は配当されるシステムです。できるだけ機会をつくって農作業にも参加したいなぁと思っています。


佐藤 : それは素晴らしい。


都会の人が農村へ足を運べるようなプレゼンテーション

【写真】竹下 景子

【写真】佐藤 洋平

竹下 : 私たちが豊かな生活、幸せを楽しんでいるうちに、森や農村や地球ではたいへんな状況になっている。そのことをまず知らないと。私も松代に行って現実を知りました。だから、もっと知る機会が欲しい。棚田バンクやアート展のように、都会の人がもっと農村へ足を運べるようなプレゼンテーションが欲しいと思います。


佐藤 : 私も2年前から「中山間地域フォーラム」という組織を立ち上げています。これは消滅してゆく集落をどう守るかというテーマで、全国の学者や産業界の有識者などが知恵を絞って支援してゆくという組織です。現在370名程度の会員がいますが、支援のモデル集落を決めて皆さん手弁当で活動してもらっています。


竹下 : 素敵ですね。自分なりの方法でやれればいいですね。とにかく、まず見て知って、自分が何から始めたらいいかを考える。家族でできればもっといいですね。私がやらせていただいている「3世代ファミリーキャンプ」のように、親から子、子から孫へと世代を超えて続けていくってことですね。子供たちにはいろんな体験を残してやりたいと思います。


佐藤 : おっしゃるとおりですね。


大自然の中での家族愛

竹下 : ドラマ「北の国から」は、大自然の中での家族愛がテーマでした。と同時に、大量生産、大量消費が豊かで幸福な生活だと信じていた私たちが見失っているものは、という問いかけがありました。ドラマを通じてたくさんのことを学びましたね。


佐藤:最初にご出演されたのは?


竹下:もう、25年前になりますね。


佐藤:北海道も変わりましたか?


竹下:そうですねえ。・・・最初の撮影の頃は、雪かきをしないと撮影できなかったのが、最終回のロケでは雪が足りなくて他所から運んできたりして(笑)・・・。ダイヤモンドダストを見る機会も減りましたねぇ。あと、もともとはいなかったゴキブリが出るようになったという話も聞きました。


佐藤:進んでいるんですね、温暖化が・・・。米の生産量は日本一になるでしょうけど。


竹下:ええ、・・・でも、森は・・・。


【写真】竹下 景子, 佐藤 洋平

佐藤:一生懸命やりましょう!・・・次世代のためにも。


竹下:はい!・・・悔いの残らない2030年を迎えたいですね。先生、今日はとっても勉強になりました。ありがとうございます。


佐藤:いいえ、こちらこそ。素敵なお話を聞かせていただきました。



対談年月:2008年7月

【ご感想をおよせください!】この対談についてのご感想はこちらから


PROFILE

佐藤 洋平 | さとう ようへい

東京大学名誉教授、 武漢測絵科技大学名誉教授、 北京師範大学客座教授、(財)日本水土総合研究所理事、農学博士。
「環境保全型農業事典」(石井龍一(代表)編著、分担執筆、丸善(株)、平成17年)、「農学・農業教育・農業普及」(祖田修(代表)編著、分担執筆、農林統計協会、平成17年)、「Sustainable Agriculture in Rural Indonesia」(Eds. Y. Hayashi, S. Manuwoto, S. Hartono), Gadjah Mada University Press, 2003)、「環境科学基礎」(武内和彦(代表)編著、実教出版、平成15年)、「改訂 農村計画学」(農業土木学会編、農業土木学会、平成15年)など。

現在の研究内容
地域資源、そのなかでも土地資源および水資源について、その利用調整および管理に関する研究を計画論的視点から一貫して行っている。現在は、資源環境計画学としての新しい体系を構築することを試みている。

竹下景子 | たけした けいこ

1953年9月15日生まれ 愛知県名古屋市出身
1973年、NHK『波の塔』でのデビュー以来、クイズ番組『クイズダービー』やドラマ『北の国から』、映画『男はつらいよ』など、多数の作品に出演。
最近の主な作品は、ドラマ『父からの手紙』『三十万人からの奇跡』、舞台『御いのち』など。
舞台『朝焼けのマンハッタン』『海と日傘』にて第42回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。

テレビ・映画・舞台出演の他、2005年に開催された「愛・地球博」では日本館総館長を務め、「世界の子どもにワクチンを日本委員会」ワクチン大使や国連WFP協会(国連世界食糧計画)顧問を務めるなど幅広く活動している。

http://www.takeshitakeiko.net/

メールマガジン登録

メールマガジンのご登録

2030.jpピックアップ

2030.jp | キャンペーンの趣旨
「冊子 バイオスフィア」環境教育教材のご紹介
コラム 20年後の地域戦略を考える
あなたのまちの「生き残り度」は? | バイオ資源ポイント
環境教育教材 活用事例
ビルトッテン×大学生インタビュー
対談 | 「東京大学名誉教授」佐藤洋平 × 「女優」竹下景子
Think About 2030 | 読者の声
全国の活動
子ども感想文コーナー | KID's FORUM
2030 研究室 | Seneca21st