環境教育教材のご紹介: 2030マガジン『最終戦略 バイオスフィア(BIOSPHERE)』


環境教育教材:2030マガジン『最終戦略 バイオスフィア』は、地域のバイオ資源の大切さを多くの皆さんに知っていただくため、漫画家・鳥山明氏の協力を得て制作されたパンフレットです。

【本冊子の頒布方法について】
本冊子は、農地資源や森林資源等、地域の「バイオ資源」の保全活動に取り組む団体等の広報活動を支援する目的、また児童の環境教育教材として制作し、頒布しています。
→教材のお申し込みはこちら
→団体の方のお申し込みはこちら

冊子に同封のアンケートへのご回答は、コチラからお願いします。

パート1 鳥山明氏描き下ろしマンガ

おいしい島のウーさま

【写真】BIOSPHERE | (c)鳥山明 BIRD STUDIO,Alternative Communications Inc.

今よりず〜っと未来の地球のどこか。海のかなたにある植物だらけの不思議な島、ぐるぐる島。
マシンの故障で帰れなくなり、この島で生活することになったトムと五十八(いそはち)は、カミサマのウーさまと一緒に「伝説の仕事・農作業」をすることになります。
そこに現れたナゾの宇宙人・テクテク星人!彼らの本当のねらいとは!?そして、ぐるぐる島の「おいしい秘密」とは!?テクテク星人とウーさまとの戦いが今始まる!!
あたたかくてユーモアたっぷりの鳥山明ワールドを、どうぞお子さまとともにお楽しみください。

パート2 みんなの未来にも関係している!?

パート2|なぜテクテク星人はぐるぐる島を狙っているの?

【写真】BIOSPHERE | (c)鳥山明 BIRD STUDIO,Alternative Communications Inc.

地球より進んだ超科学技術を持つテクテク星。しかし、彼らの星は、環境が悪化し、絶滅寸前の危機に瀕していました。テクテク星人たちが助かるためのただ一つの道は、最終戦略「バイオスフィア」の実行のみ!テクテク星人たちのあらゆる科学技術を投入してつくられた「バイオドーム」とは一体どんなものなのか!?
マンガの世界の背景と現実の世界を比較し、科学的な検証を交えながら、その世界観をひも解きます。大人の方々にも十分にお楽しみいただける読みものとなっています。

パート3 付録:全市町村「バイオ資源ポイント」ランキング 都道府県別ベスト10

【写真】BIOSPHERE | (c)鳥山明 BIRD STUDIO,Alternative Communications Inc.

市町村ごとの農地面積や森林面積、農業就業者の割合などを組み合わせ、ポイント化した「バイオ資源ポイント」を公開しています。

「バイオ資源」とは、水や森林、農地、動植物など、太陽がある限り、地球を循環し、食料を生み出してくれる資源のこと。このポイントは、各市町村が現在持っているバイオ資源の量であり、「自給自足圏としての潜在能力」を表しています。同冊子には、各都道府県別ベスト10を掲載しています。
あなたの町には、どれくらいの資源があるのでしょうか?どれくらいの人がその資源を守ろうとしているのでしょうか?あなたの町は、バイオスフィアといえるでしょうか?

→あなたの町の生き残り度は? バイオ資源ポイント

アンケート

【写真】BIOSPHERE | (c)鳥山明 BIRD STUDIO,Alternative Communications Inc.

この冊子には、末尾にアンケートを同封しています。「Q.あなたは今いる町に住み続けたい?」「Q.スーパーの食品が極端な品不足になったとしたら、あなたはどうしますか?」などのご質問に、全国から様々なご回答が届いています。お送りいただいた回答は、当サイトで集計し、公開中です。さらに<1回答=1ポイント>として、各県のアクションポイントに加算しています。アンケートにお答えいただいた方に、鳥山明キャラクターデザインのオリジナル携帯待ち受け画面や、PC用壁紙画像をプレゼントしています。



環境教育教材のお申し込み

漫画家・鳥山明氏の新作マンガ『おいしい島のウーさま』を掲載した冊子教材。「目からウロコ」「衝撃的」「楽しく充実した内容」等々の高い評価を受け、小中学校での環境学習等で活用されるなど、全国で5万部を頒布しています。

個人の方:1冊400円(消費税・送料込)にて頒布中です。

団体の方:教育機関、行政、農地・水・環境保全向上対策の地域協議会・活動団体、各種自治体などの公的機関の団体に限り、割引価格でのご購入が可能です。 →団体の皆さま




PROFILE

鳥山明 |とりやま あきら

漫画家・キャラクターデザイナー
1955年4月5日生まれ 愛知県出身
1978年「ワンダーアイランド」でデビュー。主に『週刊少年ジャンプ』に作品を発表。代表作『Dr.スランプ』『ドラゴンボール』はいずれもTVアニメ化されており、『ドラゴンボール』は2008年時点で単行本42巻と完全版34巻を合わせて1億5000万部以上、全世界で3億5000万部を超えるヒット作となった。『Dr.スランプ』で第27回(1981年度)小学館漫画賞少年少女部門受賞。2006年の日本のメディア芸術100選では『ドラゴンボール』がマンガ部門3位に選出されている。
1980年〜90年代の「ジャンプ黄金時代」の立役者であり、元『週刊少年ジャンプ』編集長・西村繁男は、「少年ジャンプの六百万部の快挙は、鳥山明の破壊的なパワーを借りて初めて実現しえたことは、誰も否定できないだろう」と述べている。
『ドラゴンクエストシリーズ』『ブルードラゴン』をはじめゲームのキャラクターデザインも手がける。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(一部加筆修正)

メールマガジン登録

メールマガジンのご登録

2030.jpピックアップ

2030.jp | キャンペーンの趣旨
「冊子 バイオスフィア」環境教育教材のご紹介
コラム 20年後の地域戦略を考える
あなたのまちの「生き残り度」は? | バイオ資源ポイント
環境教育教材 活用事例
ビルトッテン×大学生インタビュー
対談 | 「東京大学名誉教授」佐藤洋平 × 「女優」竹下景子
Think About 2030 | 読者の声
全国の活動
子ども感想文コーナー | KID's FORUM
2030 研究室 | Seneca21st